ジオツアー>袋田の滝@茨城県大子町

茨城県の北部は県北といわれています。
若いころ、車で割と出かけたものです。
ジオパークによる県北再発見講座なるものをTwitterで見つけて、参加することにしました。

その中に、ジオツアーという実物を見に行く、プログラムがありました。
10年以上ぶりに袋田の滝に行きました。
そこで聞いた話ですが、袋田の滝のあたりは、1500万年前は海底火山で溶岩が染み出していたところだったそうです。
言われてみると、他の川の上流に比べて岩の表面がゴツゴツしています。
海水で溶岩が急冷されて、バキバキにひび割れて固まって、そうなったとのことです。
袋田の滝が泡立って白い流線を描くのも、岩の表面がゴツゴツしているためだとのことでした。
そして袋田の滝自体、元海底火山の断面の一部だそうです。

袋田の滝の景色も、太古の地殻変動の賜物といったところでしょうか。

話はかわりますがツアーの昼食は太くて短いけんちん汁のソバとこんにゃくの刺身でした。
おしかったです。
茨城大学の天野先生をはじめ、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

ジオツアー>袋田の滝@茨城県大子町」への8件のフィードバック

    1. 滝ちかくの展望台まで、トンネルやエレベータがあります。
      ブログの写真もそこで撮りました。
      結構、行きやすいです。
      ただ、紅葉のシーズンは渋滞がすごいことがあります。

  1. ほおーすごい滝ですね。
    さすが観光名所。迫力あるなぁ。
    展望台へはトンネルやエレベータで行くのですね。
    ツアーで行くと、案内の先生から滝の成り立ちの話も聴けますね。

    1. ジオツアー、地形の成り立ちを意識してみると、
      なんでもない崖でもおもしろくなります。
      ただ、帰ってきて、デジカメ写真をみると、・・・orz。
      現場の感動を追憶の彼方に押しやる写真ばかり・・・。

Wordpress.com, Facebook, Twitterアカウントもしくはメールアドレスでコメントできます。メールアドレスは公開されませんので、お気軽コメントいただけるとウレシイです。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください